吉村正一郎(兄)
建築家、1級建築士、1級建築施工管理技士
総合資格学院:2級建築士製図講師
金沢大学非常勤職員(製図.模型製作指導)

金沢大学大学院博士後期課程就学中
石川県出身
1967年生まれ

1990年:日本大学理工学部交通土木工学科卒
1990年:(株)三輪環境計画入社(武蔵野美大教授、三輪正弘氏に師事)
1992年:(株)篠原宏幸建築設計研究所入社(篠原宏幸氏に師事)
1993年:(有)SHCC住まいの研究社協同入社
2003年:イデア建築デザイン事務所に設計事務所名変更
吉村真美(妹)
建築家、1級建築士
国際デザインカレッジ金沢:CAD非常勤講師
(2000.4~2006.3

CASBEE戸建評価員
石川県エコ住宅アドバイザー
石川県出身
1971年生まれ

1992年:国立石川工業高等専門学校、建築学科卒
1992年:(株)中央設計入社(札幌事務所勤務)
1998年:(有)SHCC住まいの研究社協同入社
2003年:イデア建築デザイン事務所に設計事務所名変更
プロフィール
幼い頃から父の仕事柄、家には住宅の設計図があり、それを見て空想するのが大好きでした。
その中、父の持っている本の中でフランク・ロイド・ライトの作品に感動し、私も人を感動させる建物を創りたいと建築家になろうと決心しました。
23歳の時、ライトの作品を見る旅に出た際、本や知識だけではわからない“気候、風土、土地柄”に溶込むように「そこにある事が自然」な作品に触れ、強烈に感動しました。
いろんな事を学び「人に愛され、心地よく人から人へ受け継がれる空間づくり」を目指しています。
プロフィール
中学生のころはオートバイレースに興味があり、開発の仕事をしたいと思っていたのですが、高校2年生の時に雑誌で、ル コルビュジェのサウ゛ォア邸を見て感動し、建築の世界に進む事を決断しました。大学では都市計画を学びながら、設計事務所でのアルバイトを経て、武蔵野美大教授の三輪先生の会社に入らせていただき、軽井沢の別荘や保養所、都内の高級住宅の設計に携わり、その後も篠原先生の元で、高級住宅、スポーツクラブプラン等に携わりました。東京で学んだ事をベースに、外観は彫刻的に美しいバランスのフォルム、内部空間は、光や風を取り込み、家族が安らぐラグジュアリーな空間を作りたいと考えています。設計製図が得意であったことを活かして、綜合資格学院にて2級建築士設計製図講師と、金沢大学にて2年,4年の建築設計製図を非常勤職員として指導しています。それから、金沢に住むものとして、歴史的町並み保存に貢献したいと思い、金沢大学大学院にて博士後期課程で研究活動をしております。
石川県エコ住宅アドバイザー認定証
エコ住宅アドバイザーの認定式にて、
谷本知事と写真撮影
CASBEE戸建評価員登録証